海外FXおすすめ比較ランキング【海外FXと日本のFX業者の違いって?】

海外FXと日本のFX業者の違いって?

世界中の通貨を交換して利益を獲得する仕組みの事であるFXは、1998年に開始された新しい取引です。

改正外為法が施行された事により、為替取引を個人でも行う事が出来るようになった事が背景となっています。

海外においては、それ以前にも個人投資家向けのサービスとして提供されていました。シンガポールや香港では、日本で開始される前から流行しており、様々な知識の蓄積がなされています。

FXの魅力は、10万円程度からでも取引を開始出来るという点と対象が通貨であるという事から選択肢が限定されている上に、情報を比較的簡単に入手できるという点にあります。

株式会社の動向のすべてを把握するのは非常に困難ですが、為替に関しての情報はテレビや新聞等でも知る事が可能です。主婦や学生でも利益を獲得出来るチャンスがあるという事から人気を集めています。

FXを開始するためには、口座を開設しなくてはなりません。

FX業者は、国内と海外とに分類する事が出来ます。基本的には業者ごとにサービス内容は異なっているのですが、大まかな傾向としては、海外FXの方が取引金額と証拠金の割合であるレバレッジが高くなっています。

レバレッジが高いのは、国内の法令と関係しています。

日本国内の業者に対しては、上限が25倍までに決められているからです。海外業者は規制の対象外であるので、大きな利益を狙う事が可能となっています。